fc2ブログ
DIYと賃貸経営を楽しんでいます
シロアリの見つけ方
木造に限らず、シロアリは出ます。
先日のDIY体験会の物件、鉄骨造でしたがシロアリの食害がありました。
区分所有の鉄筋コンクリートマンションでもシロアリが居ました。
私のシロアリ発見方法を述べます。

まずは、室内の臭い。
カビ臭い物件は要注意です。
シロアリは湿気を好みます。
カビ臭い物件は湿気が多いので、シロアリの好きな環境です。

次に、床のたわみ。
歩いてみて、床がぶわぶわするところは要注意です。
合板などの床材が劣化している場合もありますが
シロアリによる食害の可能性があります。

食害が目視でわかるのが、玄関や風呂場です。
柱の下部等に怪しい隙間があれば要注意です。
単に「腐っている」のか、
シロアリによる食害なのか。
見極めは「土」の存在。
シロアリは「蟻道」を作りながら木材を食べるので
そこには土が存在します。
単なる腐朽の場合は土がありません。

築古物件の場合は補修跡を見ます。
風呂場の柱や床に補修跡があれば
シロアリによる食害の補修跡じゃないかと考えます。

点検口や床下収納があればそこから、
和室があれば畳とその下の板をめくって床下を覗きます。
蟻道があればシロアリを疑います。
蟻道はシロアリが通る道です。
地面から土が上に向かって伸びていきます。
また、押入れの中に蟻道がある場合もあるそうです。
「蟻道」でネット検索すれば画像がたくさん出てきます。

シロアリの食害らしきものが見つかったら
大騒ぎしてはイケマセン。
場合によってはシロアリが逃げます。
逃げるだけならいいのですが
他の場所で再度登場する可能性があります。

被害を最小限にするためにも
すぐに業者さんに見てもらいましょう。
見積もりは数社からもらった方がいいですね。
駆除方法や費用がかなり違います。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する