fc2ブログ
DIYと賃貸経営を楽しんでいます
カーペットの上にCFを張る
昭和50年代のマンション。
コンクリートスラブ(床)の上に直接、カーペットが敷いてあったりする。
少ない工事費で防音と断熱を狙ったものだ。
180107.jpg
古くなると、へこみが出たり、汚れたりして見苦しい。

よく見られるのが、フローリングへの変更だ。
フローリングにするときはカーペットを剥いで施工するのが普通。
でも、DIYでお金をかけずに床をきれいにしたいときはCFが有効だ。
CFはクッションフロアという。
弾力性のあるビニールシートと思えばいい。

CFはフローリングより値段が安いが
足触りが良く
施工がしやすく
耐水性もあり
掃除もしやすい。
私がDIYで床を更新するときは定番だ。

カーペットをはがすのは大変で、ゴミもでる。
そこで今回はカーペットの上から張ってみた。
合板を敷き、その上にCFを張る。

合板の敷き方を考えてみた。
合板を2重にして、
継ぎ目の影響が出ないようにするのがいいが
床面が高くなると
ドアが開かなくなったり、
敷居の方が低くなったりする。

今回は継ぎ目の部分だけ下に薄い合板を敷いた。
これにより、継ぎ目の凸凹が少しでも表に出ないよう考えた。
1801072.jpg
継ぎ目はねじで止める。
下がコンクリートなので
振動ドリルで穴をあけ
コンクリート用のビスで止めた。
この上に両面テープでCFを張る。

継ぎ目部の不陸はほとんどなく
おおむね良好な結果となった。

この工法だと、
施工が簡単で
ゴミも出ない。
階下への音の影響も断熱性も改善されるはず。

やってみてわかったのは
①穴をあけるときにカーペットの糸を巻き込み部分的に高くなることがある
→巻き込んだ糸を撤去して高さを合わせる
②ネジの頭が出ることがある
→ネジを打つときは頭が隠れるような穴をあらかじめあける
→パテで平滑にする
→それらが難しいときは、穴をあけ直してネジを打ち直す

この手法、たぶん邪道。
職人さんはきっとやらない。
保証を考えると「できない」だろう。

でも、こういうことにチャレンジするのも
DIYの楽しみ。
10年後、15年後にどうなっているか?
たぶん、うまくいってると思う(笑)
スポンサーサイト



コメント
コメント
確かにカーペットを噛んでいる分、防音も断熱も上がりますよね。しかし・・・実際にやるとなると勇気いりますね(^^;
2018/01/08(月) 12:12:21 | URL | 田中靖雄 #- [ 編集 ]
大丈夫です。
カーペットは古くなっていて、どうせ交換。
剥がすのは面倒だけど
この方法なら楽ちんです(笑)
2018/01/08(月) 16:31:23 | URL | DIYはじめ #- [ 編集 ]
ブルガリ財布コピー
2021/04/01(木) 22:09:07 | URL | ブルガリ財布コピー #EBUSheBA [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する