FC2ブログ
DIYと賃貸経営を楽しんでいます
網戸の網交換
網の交換は簡単だ。
古い網を取って、新しい網を置いて、網押さえゴムで新しい網を押さえ、余分な部分を切る。
ただそれだけ。
必要な道具等は、カッターナイフ、網押さえローラー、網、網押さえゴムだ。
網押さえゴムはサイズがいくつかあるので事前に確認する。

まず、古い網を外す。
網のまわりの丸い棒状の網押さえゴムを取る。
1_20210217131452d2d.jpg
次に新しい網を置く。
枠とうまく合うように置く。
2_20210217131451142.jpg
網の位置を決めるために、古い網押さえゴムを切って何か所か押さえる。
15_202102171314420b5.jpg
これが私の考えたポイント。
クリップを買わなくていいし
クリップで留めるより確実だ。
3_20210217131449b97.jpg
網の位置が決まったら、枠の片側に網押さえゴムを押し込んでいく。
L字状に押さえる感じ。
仮に入れた古い押さえゴムは、新しい押さえゴムを抑え込むときに撤去する。
4_202102171314483fb.jpg
先に押さえた網の反対側の枠に網押さえゴムを押し込んでいく。
この時に、網を引っ張りながら押し込んでいく。
こうすることで、網がぴんと張れる。
写真の右側のようにピンとなるよう抑えていく。
5_20210217131446430.jpg
張り終わるとこんな感じ。
6_20210217131445cec.jpg
余った部分の網をカッターナイフで切る。
この時に、網の内側から外側に向けてカッターを当てる。
逆だと、せっかく張った網を切る可能性があるからだ。
7_20210217131443c6a.jpg
きれいに切れた。
自己満足。

網は位置決めのためクリップで押さえる。
そういう解説が多いと思う。
しかし、機能から考えると、より良い方法が出てきたりする。
機能から考える。
そういうことを学べるのもDIYの醍醐味だ。


スポンサーサイト



ねじ外し
古い網戸のねじ。ねじ山がつぶれている。
インパクトドリルを強く押し当てても、ねじは緩まない。

こういう場合、打つ手は大きく3つ。
1つはねじ専用のプライヤーでねじのあたまを回す。
今回は、うまくあたまが掴めないので断念。

2つ目は、ねじが緩む方向に回すと入っていく専用工具を使う。
ねじのあたまに付属のキリで穴をあけ
その穴に逆方向に回すと締まる専用ねじを打ち込む。
そのまま専用ねじで緩む方向に回してねじを取るものだ。
1_202102051644574c9.jpg
説明書通り、小さなキリで穴をあけてねじを打ち込むが、うまく入っていかない。
なめてしまったねじのあたまの穴は意外と深く
添付のキリでは、しっかり奥に穴があけられない。
逆方向の専用ねじを打ち込もうとしても、キリの穴が浅くうまく入らない。

3つ目はねじに穴をあけて、ねじを消滅させることだ。
理論上はねじと同じ穴があけば、
ねじはドリルくずとなって消滅する。

2_20210205164456674.jpg
しかし、今回はそのねじ穴を再利用したい。
ねじが消える穴だと網戸側のねじ山が使えなくなる。

そこで考えた。
ねじのあたまのくぼみのせいで、キリが入らない。
ならば、あたまのくぼみを広くすればいい。
3_2021020516445440c.jpg
径の大きなドリルで穴をあける。
そう、キリが入れやすいようにねじのあたまを加工。
これでキリが入った。
あとは冒頭の逆方向ねじを打ち込めばいい。
4_20210205164453464.jpg
ねじは取れた。
かわいそうなねじの最後の姿。
5_20210205164451857.jpg

機能から考える。
重要なDIYのテクニックだ。
シックハウスならぬ湿気ハウス
昨日は北九州のご入居中の物件の修理。

ファミリータイプのマンションで8年間ご入居ただいている。
クレームも滞納もなかった。
先日、トイレの壁が腐ってるので何とかしてほしいというご依頼があった。
窓が締め切ってあり、窓の結露が床まで落ちている状態。
化粧合板張りの壁は湿気で、一番表の部分が一部剥がれていた。
時間をかけてほしくないというので奥の壁だけクロスを張った。
1_20210123120414c1c.jpg
結露が激しいので、寝る前だけでもいいので、換気してくださいね。
見えないところでカビが生えて、あなたの体にも良くないかもしれませんよ。
とお伝えした。

その後またご依頼があり、今回は
①トイレ壁全部にクロスを張ってほしい
②トイレの床の沈みを改善してほしい
③棚板が湿気でボロボロなので交換してほしい
というご要望。
昨日行ってきた。

施工しながら原因を考えた。
昨日は暖かな日だったが
窓、玄関ドアも結露
なんと、トイレのタンクやむき出しのフレキ配管、止水栓まで結露。
5_202101231204065a7.jpg
このタンクや配管の結露は床に落ちて
CFのつなぎ目が破れているところから床板にしみて
水分によって合板が劣化、
沈みの原因となっているようだった。

壁は張り合わせた合板の一番表の部分が剥がれている。
2_2021012312041311d.jpg

①は3時間で終了。配管があって、狭くて手も道具も入らなくて苦戦。
3_20210123120411b43.jpg
②はどうするか考えるのに時間がかかった。
4_202101231204102ee.jpg
現状把握のためCFを剥いで床の一部をカット。
床は12mmの合板だった。
便器の周りの合板の劣化が激しかった。
やはり、タンクの結露から落ちた水がCFの隙間から床に落ちて
それが合板を劣化させたと推測。
合板を交換か、補強かで悩んだが、時間をかけてほしくないというご要望を優先。
結局、既存床の上に12mmの合板を張った。
仕上げのCFを張る時間がなくて終了。
8_202101231217172ba.jpg

そうは言ってもこのままじゃ使いづらいだろうとCFで仮復旧。
7_20210123120407f71.jpg

③は、寸法を測ったので次回購入。

帰る前に他に不具合はないかお聞きしたところ
換気扇が調子悪いという。
見ると、掃除してなくてホコリがこびりついていた。
まあ、20年使った換気扇なので次回交換することにした。
あと、脱衣所全部にクロスを張ってほしいという。
まあ、8年住んでいただいているのでいいか。

しかし、発見。
台所には30着近い服が干してあった。
これが結露の原因だろうなあ。
どう伝えるか悩ましいねえ。
悲しい老人ホーム
骨折して入院。
食事をとらなくなったばあちゃん。
これで最後と思ったけど
孫の顔を見て元気になってしまった。

それまで住んでいたグループホームは満員で戻れない。
ばあちゃんの次の住み家を検討しなければならない。
で、医療との連携がしっかりしているという老人ホームを見に行った。
126052255_2480770522058566_1236551194048742615_n.jpg

入り口には「老人ホーム」の表記はなく
「ここは〇〇クリニックではありません」
とだけ書いてある。
そこは
「○○老人ホーム」と表示して
その下に書くべきだろ?
勘違いしてるよね。

で、
玄関を入ると
「手洗いをして入室してください」
と書いてある。
手を洗おうとしたら
「検温してください」
と声を掛けられた。
手洗いを中止、検温したら
「あ、見学の方ですね。こちらへどうぞ」
と、手洗いも消毒もなしで案内。

スリッパは?
見ると、下駄箱に
「スリッパはご自由にお使いください」
との貼り紙。
そこには
履きたくならない汚いスリッパが数足。
マヂかよ?

で、応接室に入ると
費用は介護度3だとこれくらいですね。
ん?
まずお金?
まあ、いい。
おたくのウリは?
住まいと、介護と、医療は明確に分けています。
入り口は全部別にしてあります。
は?
それがウリ?
あ、料理は施設内で作っていますので、暖かいものを召し上がれます。
ごはんおかわりも自由です。
う~ん。

まあ、いい。
で、
うちのばあちゃん、通いなれたデイに行くのが生きがいなんですけど
といったら、
それはダメです。併設のデイの利用になります。
という。
何でですか?
と聞くと
自分たちにとって、運営上の都合が悪いからです。
はあ、そうですか。
住まいと、介護と、医療は明確に分けているんじゃないの?

妹と相談して
こんなとこに預けるくらいなら
自分たちで看取ろう。
そういう判断になった。

私たちに明確な判断基準を示してくれた 「施設長」。
ありがたいねえ。

しかし、
先に申し込みのあった人が断ったので
私たちにチャンスが来た。
だけど断った。
2組連続で断られた理由。
この施設長は何も考えないだろうねえ。

同じ失敗
11月5日、ばあちゃん骨折。
入所先のバリアフリーのグループホームでの出来事。
バリアフリーは安全というわけではない
そういう私の持論を
身を挺して証明してくれた。
息子思いのいいばあちゃんだ(笑)

で、即入院。
そして入院先で肝臓がんが発覚。
食事をとらなくなった。
点滴が刺さりにくくなった。
やっと刺しても、自分で抜くらしい。
いよいよ最後。
今度こそ最後。
そう思って子供たちに連絡。

まず、次女が動いた。
次女の顔を見るなりばあちゃんは笑顔になったという。
で、
巻きずしを食べさせたらしい。
その後私は東京出張。
昨日帰ったら
すっかり元気になっているという。
コロナ予防の観点から、
出張後10日間は見舞いを自粛している。
妹や娘たちからの話を聞くだけ。

で、1か月後に退院予定。
退院後の住み家を探しに老人ホームを見に行った。
結論から行くと
退院後は自宅で看よう。
そういう事になった。

しかし
多世代接触は生きるパワーになる。
私の持論をまたばあちゃんは証明して見せた。
いいばあちゃんだねえ。

だけど
同じ失敗を繰り返す
愚かな男。
失敗から学ばないねえ・・・